サンリオピューロランドに行ったときの言及

過日同士とサンリオピューロランドに行ってきた。
一生でようやく行った。
行く前の人づては、いまいちすばらしくなかった。
行ったことのある人たちは、
「うーん、こどもにはいいけど、おとなはよく楽しめないというよ」
はばかりだった。

けれども結果として、非常識面白かった。
個人的にはディズニーランドと並ぶくらいよかった。

何が良かったかというと、相応しい抜け内というか、キャラや施設のなかに人間の現実さが垣間見れるのがびいきだった。

少ないミュージカル劇を観たのだが、その主キャラが死んだ。
ヒロインがいじめられ、土下座をさせられ在宅を追い出されていた。
最終的に在宅が火事になっていた。

よもや劇内といえど、こどもの国のサンリオピューロランドで死人が出るは思わず、土下座を見るとははからずも
項目もおとなターゲットではないけど児童ターゲットも絶対に無い、そのシュールさが誠に面白かった。

グリーティングで一緒にムービーを撮れるうさぎの人柄の指が思う存分5読物あった。

そういった、こどもには楽しくて、大人には指摘の入れどころのある項目が楽しくて、
オープンから閉演まで遊びつくしてしまった。

ぜひともまた行きたいという。借金してしまうことは誰にでもあり得ることです