サンリオピューロランドに行ったときのおしゃべり

先日それぞれとサンリオピューロランドに行ってきた。
運命で何とか行った。
行く前の人づては、あんまりかわいくなかった。
行ったことのある人たちは、
「うーん、子にはいいけど、成人は大して楽しめないというよ」
はばかりだった。

それでも結果として、むちゃくちゃ面白かった。
個人的にはディズニーランドと並ぶくらいよかった。

何が良かったかというと、相応しい抜け寸法というか、性質や建屋のなかに人間の世間さが垣間見れるのがマニアだった。

少ないミュージカル劇を観たのだが、その主性質が死んだ。
ヒロインがいじめられ、土下座をさせられわが家を追い出されていた。
最終的にわが家が火事になっていた。

よもや劇まん中といえど、こどもの国のサンリオピューロランドで死人が出るは思わず、土下座を見るとは何となく
メニューも成人向けではないけどお子さん向けも絶対に乏しい、そのシュールさが大いに面白かった。

グリーティングで一緒にムービーを撮れるうさぎのパーソナリティの指がぐっすり5正規あった。

そういった、子には楽しくて、大人には異議の入れどころのあるメニューが楽しくて、
開園から閉演まで遊びつくしてしまった。

どうしてもまた行きたいという。法律を熟知してる立場から多重債務の救済をします